坂本龍一のピアノソロコンサート2022!配信日時とチケットについて!

坂本龍一さんは今年2022年の10月に、ピアノソロコンサートを世界同時配信することを発表されました。

その配信は2022年12月11日と12日です。

わぁ、もうすぐですね!

今回は、坂本龍一のピアノソロコンサート2022について、そして配信はいつなのかをお伝えします。

坂本龍一のピアノソロコンサート2022について!

それでは、坂本龍一さんのピアノソロコンサート2022について見てみましょう。

ピアノソロコンサートの内容

坂本龍一さんの今回のコンサートのタイトルは「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 2022」です。

坂本龍一さんは今年9月の中旬から、スタジオで一日に数曲ずつ録音し、約1時間のステージを完成させました。

収録した場所は東京渋谷のNHK放送センターにある509スタジオです。

このスタジオは坂本龍一さんが「日本で一番良いスタジオ」と言われるところです。

また音だけでなく、撮影の方もニューヨークから集まったメンバーを中心にした映画制作チームによるものだそうです。

坂本龍一さんは、「今までのようにライヴをやりきる体力がない」と判断されて、オンライン配信のコンサートを計画されたのだそうです。

そして「これが最後のライブになるかも知れない。」とおっしゃっています。

坂本龍一さんは昨年、新たながんが見つかり、現在ステージ4です。

そんな中でコンサートの準備を続けてこられました。

ですから、このソロコンサートは今まで世界中で愛されてきた坂本龍一さんの音楽の結集と言えるものになるのだろうと思います。

それで最高の映画製作チームが作られたのですね。

しかもこの映画製作チームは今回のソロコンサートだけではなく、後に坂本龍一さんのコンサート映画を作る予定だと言われています。

本当に世界中のたくさんの方が、現在の坂本龍一さんを応援し、そのためにがんばっておられるのですね。

ピアノソロコンサートの曲目は?

今回のソロコンサートの曲目については、残念ながら公開されていないようです。

ですが、「これが最後のライブになるかも知れない」と坂本龍一さんご自身がおっしゃっていますので、デビューから今までを振り返りながら、思いのこもった曲を選ばれたのではないかと思います。

聴衆としては、日本人初の英国アカデミー賞 作曲賞に輝いた「戦場のメリークリスマス」や坂本龍一さんを世界に知らしめることになる「ラストエンペラー」のテーマなどを、ぜひ坂本さんのピアノソロで聴きたいものです。

また、地雷ゼロの願いを込めた「ZERO LANDMINE」や2022年3月に行われた東北復興支援プロジェクト「東北ユースオーケストラ演奏会2022」で演奏された「いま時間が傾いて」なども入っているのではと思います。

坂本龍一のピアノソロコンサート2022はいつ?

それでは、そんな坂本龍一さんのソロコンサート「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 2022」の開催日時についてお伝えします。

開催は2022年12月11日(日)と12月12日(月)に渡って行われます。

この2日間で以下のように4回の配信が行われる予定です。

①2022年12月11日(日)12:00
②2022年12月11日(日)18:00
③2022年12月11日(日)24:00
④2022年12月12日(月)06:00

また、このコンサートは日本以外の多くの国でも配信される予定です。

現在26の国で配信が決まっていますが、更に増える可能性があります。

坂本龍一のピアノソロコンサート2022のチケットの値段と購入方法

坂本龍一さんのピアノソロコンサート2022のチケットの値段と購入方法についても調べました。

チケットの値段は4,000円(税込)、海外だったら30USDです。

このチケット1枚で、上記のどの時間のコンサートも視聴することができます。

また4回とも視聴することもできます。

チケットの販売期間は2022年10月25日(火)0時から12月12日(月)5時59分までです。

視聴したい方は忘れないようにチケットを購入してくださいね。

チケットはこちらのサイトから購入することができます。

視聴の方法についても説明があります。

https://special.musicslash.jp/sakamoto2022/

坂本龍一のピアノソロコンサート2022 ライブビューイングも!

坂本龍一さんの今回のソロコンサートはライブビューイングも同時に開催されます。

時間は2022年12月11日(日)12時からと18時からの2回です。

終了時間は約2時間後です。

場所は、東京都町田市にある「109シネマズグランベリーパーク プレミアムサウンドシアター『SAION』」です。

行くのが可能な方は、ぜひ行って欲しいです。

やはり他の観客とともに最高のサウンドで鑑賞できたら感動が違いますよね。

私は行けませんから、近くの方が羨ましいです・・・。

あー!

これを書いている間に、ライブビューイングのチケットは完売となってしまいました。(涙)

坂本龍一の経歴とプロフィール

坂本龍一さんの経歴とプロフィールについては、今回のピアノソロコンサートの配信元である「MUSIC/SLASH」に掲載されていたものを紹介させていただきます。

1952年東京生まれ。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。 同年『Yellow Magic Orchestra』の結成に参加。1983年散開後も多方面で活躍。 映画の世界では、出演し音楽も手がけた『戦場のメリークリスマス』で英国アカデミー賞、『ラストエンペラー』の音楽ではアカデミーオリジナル音楽作曲賞、グラミー賞などを多数受賞。 常に革新的なサウンドを追求する姿勢は世界的評価を得ている。2013年に山口情報芸術センター (YCAM) 10周年事業のアーティスティック・ディレクター、2014年に札幌国際芸術祭2014のゲストディレクターに就任、2018年にはソウル (韓国) に完成したアートスペース「piknic」において複数のサウンドインスタレーション作品を展示した「Life, Life」展、2021年3月より木木美術館 (北京) にて大規模な「Seeing Sound Hearing Time」展が開催されるなどアート界への越境も積極的に行っている。 2014年7月、中咽頭癌の罹患を発表したが、2015年、山田洋次監督作品「母と暮せば」とアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督作品「レヴェナント:蘇えりし者」の音楽制作で復帰。 2017年春には8年ぶりとなるソロアルバム「async」を、同年末よりICC (東京) において新作のインスタレーション「IS YOUR TIME」を発表。 2019年には蔡明亮監督作品「YOUR FACE」で第21回台北映画賞音楽賞を受賞。2021年に直腸癌の罹患を発表し2022年現在も闘病中だが、2021年6月にはオランダ芸術祭でアーティスト 高谷史郎と共に制作した新作シアターピース「TIME」を発表。2022年7月、アン・ホイ監督作品「第一炉香」で香港電影金像奨作曲賞を受賞した。 また、環境や平和問題への言及も多く、森林保全団体「more trees」の創設、また近年では「東北ユースオーケストラ」を設立し被災地の子供たちの音楽活動を支援している。
1990年よりNY在住。

引用元 https://special.musicslash.jp/sakamoto2022/

まとめ

今回は、2022年12月に予定されている坂本龍一ピアノソロコンサート2022の内容や配信日時、チケット購入についてお伝えしました。

2021年、新たに直腸がんが見つかり、ご自分の公式サイトに「これからはがんと生きることになるが、もう少しだけ音楽を作りたいと思っている。」と記された坂本龍一さん。

現在、ステージ4のがんである坂本龍一さんですが、戦争や災害や新型コロナ感染拡大など混乱が続く世界に向けてその思いを発信しようとされていることに深く感謝します。

12月のソロコンサートを心から楽しみに待っています。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

メルマガ講座「輝け!あなたの音楽ライフ♪」

無料登録で【大人のためのピアノ基礎教材~「ふるさと」と「少年時代」の超簡単楽譜付き】&【もう“音痴”なんて言わせない!~音程習得プログラム~一緒に練習できる動画つき】、他にも他にもいろいろな曲の簡単楽譜や無料レッスン、無料添削などのプレゼントが!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール写真

35年間の中学音楽教師の経験を生かして、現在は吉岡裕美ミュージックスクールにて歌とピアノのレッスンをしています。
特に、音痴改善や大人初心者のピアノレッスンが好評です。
対面、オンラインどちらでもOK!
また、30年間、大津少年少女合唱団の指導をしています。

詳しいプロフィールはこちらをお読みください。
https://yh-ms-kumamoto.com/profile

PAGE TOP